2017年05月12日

5/6 東京COMITIA御礼+瓦版 更新


(スペースに本を並べた時に、一番右側に置いた新刊の蛍光グリーンがやたらと目立っておりました)

5/6 東京COMITIAが終了いたしました。虚影庵スペースにお立ち寄り下さったすべての方に厚く御礼申し上げます。
数日前に、新刊『そらとぶおやさい』の本文印刷中にプリンタが故障するというトラブルが発生、新刊とPOP類を大慌てでコンビニにコピーしに走ることになり、いつもにも増してドタバタした出展になりました。
表紙は故障前に印刷できていたので、ギラギラまぶしい蛍光色表紙をお目にかけることができたのが不幸中の幸いです。
久し振りに振り切って好き放題やらせていただいた新刊は、予想外にも作成分が完売してしまいました。プリンタの故障がいつ直るか不明な状況ですので、申し訳ございませんが以降の北海道COMITIA委託&受注生産通販は表紙もモノクロコピーとなります。そのかわり、通販では4タイプある表紙からご希望のものを指定いただけるようにいたしました。

また、今回でシリアス短編・掌編集『桜月集』が完売いたしました。ありがとうございました。
歴代の虚影庵発行物の中で、一番多くの場所に委託で送り出した本ですので、感慨もひとしおです。

東京COMITIA終了に伴い、瓦版のイベント参加予定を更新いたしました。
また、『そらとぶおやさい』の通販を自家通販・あんしんBOOTHパックともに開始いたしました。4タイプの表紙は通販フォームからしかご覧になれないので、見るためだけでも是非お越しください。虚影庵の本気のドアホウがご覧になれます(笑)。
posted by 虚影庵 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 御礼 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月06日

1/29 Elysian御礼+瓦版更新

今年最初のイベント参加が終了いたしました。
当日の委託スペースにて虚影庵の本をお手にしてくださったすべての方に厚く御礼申し上げます。
今回、直接参加の一次文芸サークルさんがとても少ないことからゼロ売り上げも覚悟して本を送り出したのですが、Elysianさんでの普段どおりの結果になって、本当にありがたく思っております。

また、瓦版の発行物案内・イベント参加予定を更新いたしました。
■発行物案内
在庫状況を現状に更新しています。
■イベント参加予定
去年のチャリティアンソロ全国委託ツアーで軍資金を使い果たしたので、今年は委託参加を増やすつもりはなかったのですが、長年お世話になっているElysianさんがパンフレットで
「現状の水準の参加サークル数もしくは減少傾向が続くと、以降の開催が危ぶまれる状態となります」
と悲鳴のような文言を書いていらっしゃるのを見ては何もしないわけにはいかず、急遽秋のElysianさんにも申し込むことにいたしました。
posted by 虚影庵 at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 御礼 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月26日

3/8 Text-Revolutions御礼+瓦版更新


(左)虚影庵スペース全体図
(右)新刊『20th』&限定本『名探偵偽典録』。『20th』の透明ケースが蛍光灯を反射しまくりです…。

遅くなりましたが、過日Text-Revolutionsが無事終了しました。当日、虚影庵スペースにお立ち寄り下さったすべての方に厚く御礼申し上げます。
当日の目玉は、なんと言っても同人活動20周年記念誌『20th』です。ド派手でぶっとい本は、予想以上にスペースでかなりの存在感を放っておりました。

そして、イベント準備の名のもとに年度末の諸々の作業を放置していたため、その後はその後始末に奔走、ご報告と同時に次のイベント参加の告知となってしまいました。
去年の『多重依頼―闇胡蝶事件帖―』といい、『20th』といい、全力疾走しどおしでしたので、今度の新刊はいい意味で肩の力を抜いてのぞみたいと思っています。
posted by 虚影庵 at 23:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 御礼 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月10日

5/5 COMITIA御礼+瓦版 更新


虚影庵スペース全体図。諸事情から荷物軽減を図ったため、什器が軟弱です。


新刊『幻妖異譚』&『多重依頼 プレリリースバージョン』。並べてみて初めて、表紙が似ていることに気がつきました。

5/5 COMITIAが無事終了しました。虚影庵スペースにお立ち寄り下さったすべての方に厚く御礼申し上げます。
サークルカットで告知した『多重依頼―闇胡蝶事件帖―』は書き上げることができず、プレリリースバージョンの無料配布となりましたが、「楽しみにしてます」と言ってくださる方が多く、がんばろうと思う反面、いつも以上に趣味全開・煩悩投入しまくっているので、あれでいいのか大変不安です…。

『多重依頼』の代わりに…と、ギリギリのスケジュールで何とか完成させた『幻妖異譚』は、そんな事情から作成途中で材料が足りなくなり、表紙が二種類あるというおとぼけな状態になりましたが、当日持ち込み分は完売いたしました。
イベント頒布はあとは6月の札幌Elysianのみ、自家通販も同月末日までのお取り扱いとなります。
posted by 虚影庵 at 00:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 御礼 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月22日

10/20 COMITIA御礼+瓦版 更新


(左)虚影庵スペース全体図。什器忘れて本がみっしり状態になっております。
(右)新刊『いつ、どことも知れぬ物語』&委託した『罠の行方』

10/20 COMITIAが無事終了しました。お足元の悪いなか、虚影庵スペースにお立ち寄り下さったすべての方に、厚く御礼申し上げます。
什器忘れて、スペース撮影用デジカメ忘れて、あげく設営中にPOP立てが折れた…という、災難続きの一日でした。反省点が大量にある回でしたので、あらゆる面で練り直して来春に備えたいと思います。
(上記のような事情で、今回、スペース写真をガラケーのカメラで撮っています。そのため画質が悪いですが、ご了承下さい)

へこたれまくりのなか、『コードネーム0007』が完売いたしました。
おそらく、うちのばかまぬけ系でも屈指のアホんだらっぷりを誇るコロッケスパイのハードボイルド、お楽しみいただければ嬉しいです。

例によって例のごとく、『いつ、どことも知れぬ物語』はイベント頒布を終了、通販でのお取り扱いも12/15までとなります。また、委託している『罠の行方』は台風27・28号が通過するまで虚影庵でお預かりしていますので、その期間のみ通販等のご相談を承りますので、飛脚便からご連絡下さい。
posted by 虚影庵 at 00:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 御礼 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月06日

5/5 COMITIA御礼+瓦版 更新


(左)虚影庵スペース全体図。委託の「うちのかーちゃん手編みコースター」もいます。
(右)新刊『ノスタルジア』。表紙は少しデータを荒らして古めかしさを出してみたのですが、単に「印刷が荒い」ように見えてしまっています…。

5/5 COMITIAが無事終了しました。虚影庵スペースにお立ち寄り下さったすべての方に、厚く御礼申し上げます。
本職がシャレにならない忙しさで残業倍増+原稿が難産で、新刊『ノスタルジア』が出るのかどうか非常にきわどい状況でしたが、なんとか仕上がって当日スペースに置けたことが、今回一番の成果でした。
どのくらい久しぶりなのかというくらいのド直球現代物、しかも虚影庵最長の作物がどう受け止めていただけるか不安でしたが、無事に持ち込み分完売いたしまして胸をなで下ろしています。
イベント終了前に、「スペースで『ノスタルジア』を読んでいて泣きそうになりました」と伝えに来てくださった方がいらして、この一言を伺えただけでこの作品を書いた甲斐があったと思いました。
本が愛される人のところに貰われていったのも嬉しいですし、書き手としても感無量です。

『ノスタルジア』については、イベント頒布は終了し、5/31まで自家通販を承った後、完売といたします。
ただ、「手数料がかさんでもいいから委託先(架空ストアさま)経由で通販したい」「10月コミティアで確実に受け取るので取り置きしておいてほしい」というご希望があれば極力対応いたしますので、飛脚便からお知らせ下さい。
posted by 虚影庵 at 23:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 御礼 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月28日

11/25 Travellers御礼

委託していたTravellersからの荷物が戻ってきました。
当日、虚影庵の本をお手に取ってくださったすべての方に厚く御礼申し上げます。

これにより、『言葉遊山第六葉』の虚影庵委託分は残り1冊となりました(主催様のところの在庫はまだあるそうですが)。
コロッケ・ハードボイルド『コードネーム0007』も、ひょっとすると来春のイベントで完売するかな…という状況ですので、この2つのご購入をお悩みの方は早めのご決断をおすすめします。

なお、無料配布本『はじまりの樹』が若干残っています。
送料80円のみで通販を承りますので、ご希望の方は飛脚便からご連絡下さい。
posted by 虚影庵 at 22:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 御礼 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月24日

11/18 COMITIA御礼+瓦版 更新


(左)虚影庵スペース全体図。右端に委託した『サーカス』を置いています
(右)新刊『荒唐妖譚』。掌編集なので久々に文庫サイズの本にしました

11/18 COMITIAが無事終了しました。虚影庵スペースにお立ち寄り下さったすべての方に、厚く御礼申し上げます。
文学フリマと日程が重なったということで文芸ジャンルはいつもよりサークル数が少なめとなり、どうなることかと冷や冷やしながら当日を迎えましたが、あまりバッティングの影響を感じない一日でした。
スペースにお越し下さる方に「これから文学フリマのほうに行きます」「文学フリマ行ってきました」とおっしゃる、2つのイベントをハシゴする方が多く、こういうタフな方々のおかげでコミティア文芸島は通常運転だったのだろうと思います。
個人的にも、7月の手術後はじめての長丁場外出(しかも大荷物付き)となるので体調を心配しておりましたが、無事に打ち上げまでこなせたことに安堵しました。

新刊『荒唐妖譚』は、絶対あまるだろうと踏んだ部数を持ち込んでいたのですが15時前には完売、売れ行きの通常運転っぷりに逆にびびりました。
直前でサークル「鏡の森」さまから委託することになった『サーカス』も委託分完売し、お預かりした責任を果たせてほっとしております。
新刊の部数については、春の『紅瞳の魔物』の時にも「もう少し部数を増やせ」とお叱りを受けておりますが、なにぶんにも売り上げバブル→バブル崩壊を一度経験して臆病になってますので、増やすとしても本当にちょっとずつになるかと思います。ナマケモノが試行錯誤してるなあ…と、なまあったかく見守っていただければ幸いです(笑)。
『荒唐妖譚』については、イベント頒布は今後行わず、通販受け付けも今年12/15までとなります。もしご希望の方がいらしたら、早めのご決断をおすすめします。

COMITIA終了に伴い、瓦版に11/25 Travellers(福島の創作オンリーイベント)の委託参加情報&発行物案内を更新いたしました。
今回、震災前の会場で2年ぶりに開催されるということで、長年お世話になっているサークルとしてささやかながらもお祝いしたくて、このイベント限定の無料配布掌編を委託することにいたしました。その情報もアップしています。
posted by 虚影庵 at 13:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 御礼 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月10日

5/5 COMITIA御礼+瓦版 更新

遅くなりましたが、5/5 COMITIAにて虚影庵スペースにお立ち寄り下さったすべての方に厚く御礼申し上げます。
当日は、企画スペースも掛け持ちしていたため、バタバタしていてスペースの写真を撮っておりませんのでしたので、今回は写真なしの御礼になりますがご了承下さい。
翌日に文学フリマを控えているというハンデはあったものの、COMITIA100回の記念の回ということで、文芸エリアも閉会間際まで人の流れが絶えず、にぎやかな一日でした。

そんななか、『鳥籠草』『繭のみる夢』の2冊が完売いたしました。
どちらも、内容にも装丁にも凝った思い入れの強い本たちですので、そのすべてが自分の手元から旅立っていったことに非常な感慨を覚えております。

当日の新刊である『紅瞳の魔物』も完売いたしました。こちらは本当に予想外でしたので、かなり驚いております。イベントでの頒布は以降行いませんが、通販は今月末まで承りますのでよろしければご検討下さい。

また、寄稿したチャリティアンソロジー『すたんだっぷ!』ですが、虚影庵委託分は完了いたしました。
以降のご入手については、公式サイト(電子寮玄関からもリンクしています)の情報をご確認下さい。
posted by 虚影庵 at 00:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 御礼 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月30日

COMITIA御礼+瓦版 更新


(左)虚影庵スペース全体
(右)新刊『特濃ブラック』。題字部分はゴールドのシールで、実際には渋い雰囲気になっています。

今年最後のイベント参加が無事終了しました。
スパークの翌週・文学フリマの前週という厳しい日程のなか、全体的に人が少ない印象の強い一日でした。そのなかで虚影庵スペースにお立ち寄り下さったすべての方に、厚く御礼申し上げます。

震災以降、小説が書けない状況が続いておりまして、この日にイメージどおりの本がスペースに置けたのが奇蹟のような状態でした。おかげさまで、即日で完売となりました。ありがとうございました。
あんまりにもアクの強い本になってしまったので、再版も再録も考えておりません。ご了承下さい。

また、昨年秋に発行した『もらいもの』もこの日で完売いたしました。
当人はけっこう好きな一作でしたので、無事に全冊を旅立たせることができてほっとしております。

これに伴いまして、瓦版のイベント参加予定・発行物一覧を更新いたしました。
posted by 虚影庵 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 御礼 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月31日

Elysian・北陸本専御礼+ご報告

5/22 Elysian@札幌、5/29 北陸本専@金沢の委託参加が終了いたしました。
両イベントにて虚影庵の本をお手に取ってくださったすべての方に、厚く御礼申し上げます。
なかなか関東圏外に出る機会がないので、こうして本だけでも遠出できるのはありがたいことです。

また、本日現在までの虚影庵売り上げ全額を、福島県災害対策本部へ義援金として送金させていただきましたことをご報告いたします。


なお、現在調整中のことがありますので、来週まで電子寮更新はお待ち下さい。
posted by 虚影庵 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 御礼 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月08日

COMITIA御礼+瓦版・乗換駅更新


虚影庵スペース全体図。不測の事態に備えて、ディスプレイ什器をほとんど紙製品でまかなったため、いつもとちょっと違っています。


新刊『桜月集』。会場のライトの下でのほうが、マゼンダが映えて綺麗に見えます。

今年最初のイベント参加が無事に終了いたしました。
開場前に「緊急地震速報が発令されたら放送でお知らせします。何かあった時にはスタッフの指示に従って下さい」という主旨のアナウンスがあるなかでの開催でしたが、幸い何事もなく一日を終えられたことを、まずは感謝いたします。
そして、こんななかでも虚影庵スペースにお立ち寄り下さったすべての方に、厚く御礼申し上げます。
新刊『桜月集』は、中身をご覧になってからお求めになる方と、銘柄指定でお買いあげの方がほぼ同数という、本にとっては幸せなもらわれ方をしてゆきました。長く可愛がっていただけるとありがたいです。

また、瓦版に5月以降のイベント参加予定を追加、乗換駅に『桜月集』で使用した素材の配布先サイトさまを追加いたしました。
posted by 虚影庵 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 御礼 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月19日

COMITIA御礼+瓦版更新


虚影庵スペース全体図


新刊『もらいもの』(右)と、委託した寄稿アンソロジー『言葉遊山第六葉』(左)の、新刊ツーショット

今年最後のイベント参加が無事に終了いたしました。
虚影庵スペースにお立ち寄り下さったすべての方に厚く御礼申し上げます。
今回、非常にいいポジションをいただきましたので、いつも以上に気合いを入れてスペース設営をがんばらせていただきました。
新刊の『もらいもの』は、非常〜に気持ち悪い仕上がりでいかがなものかとは思いますが、思った以上に連れて帰っていただけました。
また、寄稿したアンソロジー『言葉遊山第六葉』、写真には見本しか写っていないのですが、現物は主催さま謹製のカバーがかかった非常に綺麗な仕上がりで、お立ち寄り下さる方の目を引いていました。

COMITIA終了に伴い、瓦版のイベント参加予定&発行物一覧を更新いたしました。
今回は在庫の変動が大きく、特に『もらいもの』『鳥籠草』の二種についてはお取り扱いが変わりましたので、ご確認下さい。
posted by 虚影庵 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 御礼 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月09日

COMITIA御礼+瓦版更新+文学フリマ特設ページ開設


(左)虚影庵スペース全体図
(右)新刊『鳥籠草』。表紙は「フェザーワルツ」を使用しております。

半年ぶりのCOMITIA参加が無事終了いたしました。虚影庵スペースにお立ち寄り下さったすべての方に厚く御礼申し上げます。
『鳥籠草』は久々の日常綺譚になりましたが、非常〜に地味な話にまとまってしまい、あれを楽しんでいただけるのか少々不安でもあります…。

また、時間の都合でギリギリの告知になりましたが、「お気楽共通商品券」企画をこっそり立ち上げておりました。
短時間に予想以上のサークルさんに参加していただけて、お買い物タイムに文芸エリアを回っている時に「お気楽共通商品券 参加しています」の看板を見かけては内心ガッツポーズをしておりました。
参加して下さったサークルさまがたに、新しい読者さまとの出会いを少しでも運べたなら幸いです。

COMITIA終了に伴い、瓦版の情報を更新いたしました。
今年いっぱいは大丈夫だと思いますが、『繭のみる夢』の在庫が一桁になっております。気になる方はお早めの確保をおすすめいたします。

そして、毎回恒例の文学フリマ特設ページを開設いたしました。
玄関のお知らせにリンクを貼ってありますので、ご活用下さい。
posted by 虚影庵 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 御礼 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月14日

Elysian御礼+『ふゆがたり』委託情報

すっかり遅くなってしまいましたが、先日札幌のElysianに委託していた本が戻ってまいりました。
今回は、虚影庵プロデュースのアンソロジー『ふゆがたり』だけをお願いしたのですが、荷物が予想以上の軽さになって帰ってきました。
寄稿者さまがた全員が渾身の原稿を下さった本が、これだけ評価していただけることは、本当にプロデューサー冥利に尽きます。
当日、お手にして下さったすべての方に厚く御礼申し上げます。

当の『ふゆがたり』ですが、すでに残部は一桁冊数となっております。
現在、「架空ストア」さまで通販をお願いしておりますが、こちらを2/21頃に終了する予定です。
購入を迷っておられる方は、是非とも今のうちに確保されることをおすすめします。絶対に後悔しないラインナップです。

また、3/7 名古屋コミティアに『ふゆがたり』を委託いただくことになりました。詳細は『ふゆがたり』公式サイトのほうでご確認下さい。
posted by 虚影庵 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 御礼 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月14日

文学フリマ御礼+瓦版更新


(左)虚影庵スペース全体図
(右)スタンプラリー景品コンプリートの図

通常はイベント終了翌日にはこちらを更新しておりますが、今回は遅くなりまして大変失礼いたしました。
遅くなりましたが、虚影庵今年最後のイベント参加がつつがなく終了いたしました
虚影庵スペースにお立ち寄り下さったすべての方に、厚く御礼申し上げます。

当日は、虚影庵プロデュースのアンソロジー『ふゆがたり』の発行に合わせて、スタンプラリーを開催しておりました。
その準備に予想外に時間がかかって、開場後40分経つまで作業しているていたらくでした。
この時間帯にお越しいただいた方々には、ご不快な思いをさせたふしもあるかと思います。あらためてお詫び申しあげます。
スタンプラリーの景品として、虚影庵は書き下ろしのアホショートショート『賢者の戦争』と、文学フリマに参加していない寄稿サークルさまがたの景品を配布しておりました。好評なようでなによりでございました。

『ふゆがたり』ですが、かなり思い切った数を搬入しておりましたが、それがほぼ完売いたしました。
プロデューサーとして自信を持って送り出した本に対して、こういう形で評価していただけたことに、驚くとともに非常に感謝しております。
長く読み返して楽しんでいただければ幸いです。

また、この日をもちまして『朧夜草子』が完売いたしました。
前世紀の遺物にお金を出していただくには忍びなくて、最後は無料配布とさせていただきましたが、虚影庵が収録作を書いた年代の方が多くお持ち帰り下さったのが感無量でした。
つたないものでも、多感な時期の方々に何か響くものがあるのなら、作品にとって幸せだと思います。そして、それを書いた時代の虚影庵にも、読んでくれる人がいるよと伝えてやりたい心境です。

今年は『ふゆがたり』の企画にはじまり、『ふゆがたり』の頒布開始で終わった虚影庵ですが、来年は自分の内容拡充につとめます。
少し参加イベントを絞り込んで、よりよい作品をお届けできるよう計画しておりますので、変わらずお付き合いいただければ幸いです。
posted by 虚影庵 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 御礼 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月15日

COMITIA御礼+瓦版更新



(左)虚影庵スペース全体図
(右)新刊『ふゆがたり』

久し振りのイベント直接参加が無事に終了いたしました。虚影庵スペースにお立ち寄り下さったすべての方に厚く御礼申し上げます。

今年のはじめから準備を進めてきたアンソロジー『ふゆがたり』が、この日めでたくお披露目となりました。感無量で、数日経った今でも、まだほわほわとしています。
ずっしりと読み応えのある原稿をいただいたからには、少しでも沢山の方にこれをお届けできるよう、精一杯つとめたいと思います。
posted by 虚影庵 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 御礼 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月18日

北陸本専(委託)御礼+お知らせ

北陸本専に委託していた本が戻ってまいりました。
1冊でも売れてきてくれていたら嬉しいな…と思って送り出したのですが、予想をはるかに上回る数が減っていて、びっくりしております。
虚影庵の本をお手に取っていただいたすべての方に、厚く御礼もうしあげます。

ことに『繭のみる夢』が好調だったのは、書き手冥利に尽きます。
中身は相当に重たいし、しょっぱなから硬質な文章がみしみし詰まっている本が一番売れているというのは、
「純文学だろうがエンターテイメントだろうが、ジャンルなんか関係なしに、いいものを書けば必ず読んで下さる読者さまがいる」
という虚影庵の信念が間違っていないのだと、背中を押していただいているようで本当にありがたいです。
事務処理等もとても丁寧で、委託できる本が溜まったら、またお世話になりたいイベントです。
観光も兼ねて直接参加もしたいですけれどねえ………。

また、急な話ですが、6/28の名古屋コミティアで「チーム言葉遊山」さまに委託していただけることになりました。
虚影庵の本が名古屋にお邪魔するのは4年ぶりのことになります。
『コードネーム0007』『日々きゅーきゅ』『繭のみる夢』の3種を送り出しますので、本人のいないところで存分にお手にとってご覧になって、もしお気に召したらおうちに連れてかえってやって下さいまし。
当人は「名古屋で『オペラ座の怪人』やってる間に遠征してえよお…」と、またまた泣きながら荷造りしております。
スペース番号が判り次第、電子寮の瓦版の情報を更新いたします。
posted by 虚影庵 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 御礼 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月10日

文学フリマ御礼+お知らせいろいろ

(この記事は「文学フリマ事務局通信」さまにトラックバックさせていただいております:http://d.hatena.ne.jp/jugoya/20090510)

まずは、5/5 COMITIA欠席をお詫びいたします。
虚影庵としても非常にショックな事態で、サイトトップに告知を出すのが精一杯でした。
当日は、この日に新刊として出すはずだった『鎮守櫻』の原稿を抱えておうおう泣いておりました………。

気持ちを切り替えて、『鎮守櫻』を持って参戦した5/10 文学フリマが無事に終了しました。
虚影庵スペースにお立ち寄り下さったすべての方に厚く御礼申し上げます。


(左)虚影庵スペース全体図
(右)新刊『鎮守櫻』

蒲田に移動してどうなるか心配ではありましたが、出店側としては通路もブース内も広くなって快適でした。
時間によってムラはあっても、終了10分前に「サークルは撤収準備をはじめて下さい」のアナウンスが入るまで、通路に人の流れが絶えなくて、コミケの創作文芸エリアより活況でした。
かつて、同じ会場で開催された文章系オンリーイベントが閑散としていたのを知っている身としては、非常に感慨深いものがあります。
行列ができまくる客寄せパンダなサークルひとつよりも、これだけの数の文学系サークルが集まること自体が強大な威力を持つのだと立証できたのではないでしょうか。

虚影庵の本も順調にもらわれてゆきまして、『鎮守櫻』に至っては閉会15分前に虚影庵史上初の即日完売になってしまいました(もっとも、もとがそんなに部数を作ってないので、あんまり自慢できることではないのですが…)。
桜の話のはずなのに、虫がもにょもにょするえらい本ですので、読まれた方が卒倒していないかが心配です(苦笑)。

また、『薔薇の憂鬱』『ヲトメビヨリ』『国立博物館別館』『ささきさんといっしょ』といった、ここ数年に出したインクジェット本がまとめて頒布終了いたしました。
『鎮守櫻』も再版せずにこのまま完売とさせていただきます。

次の、虚影庵のイベント直接参加は11月の東京コミティア&12月の文学フリマまでありませんが、夏は地道に原稿書きして、あっと驚くものをひっさげて皆様とお会いしたいと思っております。
先週から電子寮トップのお知らせからリンクしていますのでお気づきの方もあるかと思いますが、11月に虚影庵プロデュースの合同誌を発行するのです。
ものすごい豪華メンバーに寄稿いただけることになって、今からめちゃくちゃ興奮しております。ごっつうすごい作品群をごっつうかっこいいレイアウトでお届けできるようがんばりますので、どうぞご期待下さい。
posted by 虚影庵 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 御礼 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月03日

Elysian(委託)御礼+電子寮改装

3/1 Elysianに委託していた本が戻ってまいりました。
初めての北海道参戦、しかも創作オンリーイベントではなくオールジャンルイベントへの委託ということで、売り上げゼロも覚悟していましたが、ものすごく軽くなって帰ってきた荷物に感動しました。
当日、虚影庵の本をお手にとって下さったすべての方に厚く御礼申し上げます。
いつかは直参したいのですが、さすがに交通費が厳しいです………。

そして、中身は全く変わっていないので更新には入れてませんが、電子寮を春向けに改装しました。
こんなことをやっている暇があったら中身をどうにかしろ、というおしかりの声が聞こえてきそうです。すすすすすみません(汗)。
posted by 虚影庵 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 御礼 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする